背中ニキビは汗をかくのが原因

背中は汗を沢山かきます。

この汗がもしかしたらあなたの背中ニキビの原因になっているかもしれません。

この汗の対策についてや、してはいけないことをまとめて紹介します。

スポンサードリンク

背中ニキビは汗をかくのが原因?

背中にニキビができる原因のひとつに汗があります。

背中の汗はエクリン腺という汗腺から出でおり、ほとんどが水分です。ほんの少しの割合に塩分や尿素などを含んでいます。この汗は体温調節をする働きをしていて、臭いは少なくサラサラしているのが特徴です。

汗をかくとニキビが悪化すると感じる方は多いと思いますが、この汗そのものは弱酸性であるため刺激もそれほどなく、直接的にニキビの原因になっているわけではありません。

ただ、この汗を放置しているとニキビの原因になってしまいます。

弱酸性だった汗は放っておくとアルカリ性に変わります。アルカリ性というのは雑菌が繁殖しやすい肌環境で、雑菌の繁殖がニキビの原因になります。そして背中は特に汗をかきやすいですし、服に隠れているため湿気や温度が高いので、雑菌の繁殖しやすい箇所です。

さらに汗をかくと皮脂の分泌も促進されるので、ニキビ菌の繁殖に最高の環境をつくることになるのです。

こうして新たなニキビができやすくなり、既にできているニキビは悪化して治りにくくなってしまいます。

また汗を拭かないと蒸発しますが、その際にお肌の水分も一緒に蒸発してしまうことがあります。水分を失い乾燥した肌は、自らを守ろうと皮脂を過剰に分泌するので、ニキビができやすくなってしまいます。

参考記事
背中の乾燥はニキビに?乾燥肌の対策とかゆみを抑える方法

ただし汗をかくことは悪いことばかりでもありません。

運動で汗を流すと毛穴に溜まった汚れや皮脂が取り除かれますし、血流も促進されるので体のすみずみに栄養が行き渡ります。そしてお肌のターンオーバーも活性化され、ストレスの解消もできるなどの効果が期待できます。

ですが、こうした場合も汗は放置せずに、できるだけ早く拭き取るか洗い流しましょう。

スポンサードリンク

背中の汗の対策

背中ニキビはケアしにくい場所ですし、出来れば未然に防ぎたいですよね?

背中の汗対策をして背中ニキビを予防しましょう。

汗をこまめに拭く

本来はこまめにシャワーなどで清潔な状態にするのが一番ですが、そうもできないですよね。ですができるだけ汗を放置すると雑菌が繁殖しやすい状態になります。トイレの個室などで拭いている人も多いようです。

その際には乾いたタオルを使うのではなく、濡れたタオルもしくはウェットティッシュでふきましょう。水分があることが大切です。

水分が肌の上で蒸発することで体温を下げるからです。

乾いたタオルで汗を取ってしまうといくら拭いても体温は下がりません。体が適温に下がらない限り汗は出続けます。役目を果たそうと次から次へと汗は出てきます。

濡れタオルやウェットティッシュで拭くことで水分が肌の上で蒸発しますし、塩分や尿素などの汗の成分も拭き取ることが出来ます。

汗を吸収するインナーを着る

汗をかく度に汗を拭き取っていくのも難しいと思いますので、汗対策のインナーにも手伝ってもらいましょう。

汗を吸収してくれて速乾性のある素材としては、シルクやコットンなど吸湿性があり肌に刺激が少ない素材がこれまでの定番だったと思います。

最近では繊維業界で汗対策の化学繊維が開発されており、優れモノのインナーもたくさんあります。肌に合うなら手に入りやすく、おすすめです。

吸湿性と速乾性に加えて、チクチクするなどの刺激が少なく着心地が良いものが、背中のニキビ対策に良いでしょう。

衣服の話でいうと、寝ているときもたくさんの汗をかく上に姿勢が仰向けの状態だと湿気がこもります。寝間着についても同じように汗対策の素材が好ましいと思います。

→楽天で高評価のシルクのハイバックキャミソール

ミョウバン水

ミョウバンは医薬品や化粧品にも使用されています。

水に溶けると酸性になり、皮膚の表面を酸性にすることで細菌の繁殖を抑え、メカニズムについては諸説あるようですが制汗作用もあると言われています。

また殺菌作用や消炎作用もあるので、ニキビそのものの治療にも効果が期待できます。

ミョウバン水の作り方

材料
  • 焼きミョウバン20g
  • 空の500mlペットボトル
作り方
  1. 500mlのペットボトルに焼きミョウバン20gを入れ、ペットボトル一杯分の水を加えてミョウバンを溶かします。
  2. 蓋をして軽く振り透明になったら原液の完成ですが、ミョウバンは溶けにくいので一晩置きましょう。
  3. 透明になった完成した原液と水と1:9の割合で混ぜれば使用可能。
  4. 後は完成したミョウバン水をスプレーボトルなどに入れて背中にかけます。

冷蔵庫保存で1ヵ月程度は保存可能ですが、1~2週間のサイクルで新しいものを作って使う方が劣化の心配もなくて良いです。

肌質によっては、ミョウバン水で稀に皮膚がかぶれることもあるので、使用前に必ず腕の内側などに少し吹きかけて、パッチテストしてください。

ハッカ油

ハッカ油をお風呂に入れたり、水で薄めてスプレーすることで汗を止めます。

ハッカのスースーする感覚で体に涼しいと感じさせることで、汗を制御するのです。

ハッカスプレー作り方

材料
  • ハッカ油
  • スプレーボトル
作り方
  1. スプレーボトルに水100mlに対してハッカ油を2~3滴入れます。
  2. 油が細かい粒子になるまでよく振れば完成。
  3. 使用するときにもう一度振って、首筋、腋、膝裏、ふとももの付け根、手首にそれぞれ1~2回スプレーすれば完了。

目に入ると危険なので、顔には吹きつけないでください。

お風呂にハッカ油を入れる場合は、湯船にお湯を張って1~2滴です。

汗を抑える薬

汗の量が異常と感じるなら病院に行くのが近道になることもあります。

はじめてなら皮膚科に行くのが良いでしょう。

塩化アルミニウム

塩化アルミニウムは、全ての部位の多汗症に対して皮膚科で第一選択するように日本皮膚科学会の診療ガイドラインにおいて推奨されているようです。

似たような効果を発揮するものでミョウバンがありますが、塩化アルミニウムの方が効果的です。液体タイプやクリームタイプがあり、2~4週間ほどで症状への効果が期待できるようです。

塩化アルミニウムの外用剤は市販されているものもあるようですが、市販薬は基本的に濃度が薄くされているため効果も弱いようです。

毛穴をふさぎますし、傷がある箇所には使うことができないので、ニキビ肌に使うのには注意が必要です。

プロバンサイン

プロバンサインは多汗症の内服薬として代表的な薬剤で多汗症治療で唯一保険が効く薬です。

汗をかくときに交感神経の末端から出ている「アセチルコリン」という化学物質を止める抗コリン剤の薬のひとつです。

薬の副作用として、喉が渇く、目が乾燥する、尿の出が少なくなる、という報告されているようです。

背中ニキビの汗にしてはいけないこと

手っ取り早い汗対策として汗拭きシートや制汗剤を使用している方も多いと思いますが、必要以上につけ過ぎると逆にニキビの原因になる可能性があります。

制汗剤は毛穴(汗腺)にフタをすることで汗の分泌や臭いを抑えるものなので、毛穴を詰まらせしまうからです。

また汗ふきシートは皮脂を根こそぎ拭き取ってしまうので、お肌が乾燥状態になってしまってかえってニキビが出来やすい肌を作ってしまうかもしれません。

参考記事
背中の乾燥はニキビに?乾燥肌の対策とかゆみを抑える方法

こういった便利なツールにはついつい手が出てしまいますが、出来るだけ使用を控えるのがお肌のためには優しい選択です。

背中ニキビは汗をかくのが原因?のまとめ

いかがでしたか?

汗の拭き方や対策の仕方によってもニキビの原因になる場合があります。

基本的にはこまめに汗を取るのが大切ですね。

こまめに汗を拭くのが難しい場合はインナーの着替えを持っていくなど工夫をしてくださいね。

スポンサードリンク