背中ニキビと服

背中ニキビの原因のひとつに洋服による刺激があります。

ひとくちに洋服が原因といっても、洋服による摩擦や湿気、洋服に残った洗剤や柔軟剤などの刺激、もしくは洋服に雑菌がついている場合などがあります。

肌に直接触れる洋服について対策をしていきましょう。

スポンサードリンク

背中ニキビの服について

背中ニキビと思われているものの多くはマラセチア真菌という肌の常在菌の繁殖と活動によるものです。一般的によく聞くアクネ菌と比べて自然治癒しにくく長引くのがマラセチアを原因とするマラセチア毛包炎の特徴です。

マラセチアは皮脂と汗をかく環境を好みます。衣服の中が蒸れると、菌は繁殖してブツブツの原因になるんです。

そのため衣服の素材やデザインで背中ニキビに大きな影響を与えるのですが、あなたの衣服はどうでしょうか?

素材についてはこのふたつが大切な条件です。

  • チクチクとした刺激がなく肌ざわりが良いこと
  • 通気性が良いこと

このような条件に合うのはコットンです。コットンは汗を吸ってくれますし、通気性も良いので衣服内の換気に優れています。特にインナーなどの肌に触れるものについてはコットン製のものをおすすめします。

刺激がなく通気性が良い衣服というと化学繊維は避けられがちですが、最近では各メーカーでも繊維の開発が進んでいます。化学繊維の衣服についても肌ざわりが良く通気性が良いものがありますので、こちらについても注目です。

デザインついても襟元や袖口、裾など、衣服の開口部にゆとりがあるデザインを選ぶと、衣服の中に風の通り道ができて、換気できます。

背中ニキビの洗剤と柔軟剤

洗濯洗剤や柔軟剤が肌に合わなかったことによって背中ニキビが出来たという経験がある方もいました。

洗剤や柔軟剤の「汚れを落とす・白くする・香りをつける」という効果は合成化学物質によるもので、これが衣類の繊維の中に成分を残すことで効果を発揮します。この成分が汗などに溶け出して、かゆみを伴うなどの肌の刺激となってニキビの原因になってしまうことがあります。

当然、洗剤や柔軟剤については肌との相性もあるので、同じ製品を使っても刺激になってしまう人とならない人がいます。洗剤や柔軟剤を変えてから背中ニキビが出来始めたという方は、もしかすると洗剤や柔軟剤肌が肌に合っていないのかもしれません。

衣類だけでなく寝具やタオルなど肌に触れるものに使っている場合も注意です。

柔軟剤については洗剤より強力な合成界面活性剤や香料が材料として使われているので、毒性も強く特に注意です。少しでも心あたりがあれば、洗剤は合成界面活性剤が入っていないものにする、柔軟剤については使用頻度や量を減らすなどしてみてください。

柔軟剤をやめて洗濯洗剤を無添加の石鹸洗剤に変えたら背中ニキビが改善することがあるので、試す価値は十分あると思います。

殺菌をするための漂白剤の使用についても、お湯での殺菌などに切り替えると良いでしょう。50℃ほどのお湯に衣類をつけるだけでも効果がありますよ。

スポンサードリンク

洗濯機のカビがニキビの原因?

洗濯機は湿気や汚れやホコリなどもあり、カビの住みかとして最適です。洗濯槽にカビを繁殖させてしまうと、洗濯した衣類などにカビの胞子ひっついてきます。

洗濯機のカビがニキビやアトピー、アレルギー性皮膚炎など様々な肌トラブルや健康被害の原因になります。

アトピー患者が、長年使用していた洗濯機を新品に交換したところ症状改善の方向に向かったという臨床もあるくらいです。

研究では、家庭で使われている洗濯機153台の洗濯水やすすぎ水に含まれるカビの胞子を調べたところ、胞子が見つからなかったのは1台だけだっと言う結果もあり、どんな家庭でも洗濯機のカビの存在を無視することは出来ません。

また家族の人数や洗濯回数が多いほどカビの胞子は多かったようです。

洗濯槽にカビがいたのでは、どんな対策をしても衣類や寝具などは清潔ではなく、ニキビの原因となってしまいます。

これらのカビについては熱に弱いことが分かっており45度程度のお湯で死滅すると言われています。さらに洗濯が終わったらフタを開けておく、風呂の残り湯ではなく普通の水道水を使用するといったことでも多少カビの繁殖を抑えることが出来ます。

洗濯用石鹸洗剤を使った時に残る洗濯槽の石鹸カスもカビの原因になります。

石鹸洗剤を使用する場合は特に洗濯槽の洗浄頻度を増やした方が良いと思いますが、どちらにしても、最低でも5ヶ月に1度は専用の漂白剤などで洗濯槽の洗浄しましょう。洗濯槽の掃除をしたことがない、もしくは回数が少ないなら、カビが繁殖しているといえるでしょう。

背中ニキビの服はどうする?のまとめ

洋服についてだけでも原因はこんなにあるんですね。

今回紹介した中で手っ取り早く試せる方法は柔軟剤をやめてみることです。どうしても使いたい場合は量を半分にしてみてください。改善が見られるかもしれませんよ。

背中ニキビの他の原因についてはこちらの記事が参考になります
背中ニキビの原因とできる理由は?ニキビに似た皮膚病にも注意!

スポンサードリンク