ニキビとタバコの関係

たばこが原因でニキビができるのでしょうか。禁煙すれば肌がきれいになるのでしょうか。

タバコを吸うのは体に良くないとは何となくわかっていますよね。

とはいえ喫煙者にとって禁煙は簡単ではありませんよね。たばこを吸ってしまうなら特別なニキビケアは必要なのでしょうか。

今回はニキビとたばこの関係について紹介します。

スポンサードリンク

ニキビとタバコの関係

タバコは百害あって一利なしというほど肌に良くないんです。どのようによくないのかそれぞれ説明していきます。

タバコの成分の害

ニコチンとタール

ニコチンは血管を収縮させるので血液が通りにくくなります。栄養や酸素が肌に行きわたらなくなりますし、老廃物も肝臓や腎臓に送りにくくなるということです。

肌の栄養が悪くなるということは新陳代謝も低下します。つまりターンオーバーが乱れニキビができやすい肌に。今あるニキビは悪化しやすく治りにくくなり、ニキビ跡が残りやすくなってしまうのです。

タールはメラニン色素を活発にするので、ニキビ痕を残しやすくしてしまいます。
タールは発がん性物質が含まれていることで有名です。

一酸化炭素

血液中のヘモグロビンが酸素ではなく一酸化炭素と結合してしまうことで、酸素不足や酸欠状態が繰り返されてしまいます。

つまり酸素が届かないので肌本来の働きが失われて、乾燥や肌荒れをおこすだけでなく肌の色や口唇の色も悪くなります。

唇の色が悪かったり、目の下にクマができやすいなど、皮膚の薄い部分が特に目立ちます。

自分がタバコを吸わなくても副流煙を吸うことで同じ症状になるおそれがあるので、煙はできるだけ避けましょう。

喫煙の影響

タバコで栄養の吸収が阻害

喫煙により多くのビタミンが破壊されています。破壊というか多くが使われてしまうんですね。

最も有名なのはビタミンCですよね。ニコチンを中和するため体のビタミンCが多く使われてしまいます。喫煙者の血中にあるビタミンCは、非喫煙者の半分以下しかないといわれています。

ビタミンCの働きとしてコラーゲン生成、メラニン色素の代謝、免疫力を高める、傷の回復、抗ストレス、抗老化、などがあります。

肌のハリ、ツヤ、キメ、ニキビ肌やニキビ跡の回復にはビタミンCは欠かせない栄養素です。ビタミンCが不足してしまうとニキビ跡が残りやすくなったり、肌が荒れたりします。

一日に必要なビタミンCの量は100mgと考えられていますが、たばこを一本吸うと25mg~100mgのビタミンCを消費します。タバコを吸うことで、どのくらいビタミンCが足りなくなるのかがわかるデータですよね。

さらに喫煙は体内のビタミンAの吸収率を低下させ欠乏させていきます。ビタミンAの不足は皮膚や粘膜に影響があるので肌荒れや口内炎などの原因になります。ただビタミンAは脂溶性ビタミンなので蓄積できます。レバーなどでビタミンAをとりましょう。

タバコと活性酸素

タバコを吸うと活性酸素が生まれます。活性酸素は肌には大敵です。

活性酸素は、ニキビの発症、進行、そしてニキビ跡の形成にまで非常に深く関わっています。なぜなら活性酸素は皮脂を酸化させるからです。

タバコの煙でニキビ

煙は吸いこむことで悪影響と思われていますがそれだけではありません。

タバコの煙は肌に触れることで刺激になります。その刺激は肌荒れを引き起こすことも。

さらに煙が目にしみて顔をしかめる回数が多くなるとシワの原因になります。

スポンサードリンク

禁煙の効果はニキビにある?

身体に悪いといわれるタバコをやめたらニキビが良くなるのでしょうか。

これはどうやら個人差があるようですが、キレイになった経験談を聞くと「がんばろうかな」と思えますよね。

わたしも15年ほど吸っていたタバコを禁煙しましたが、大人ニキビができにくくなりましたよ!

解決して喜んでいる女1

2週間ほど経ったときでしょうか。肌色が明らかに変わってきました。あからさまに違うのが驚きました。透明感とツヤがかなり変わりますよ。

タバコ吸ってなかったら、今までの化粧品やサプリメントみんないらなかったかもしれませんね。

冷え性だと思っていたけれどこれも治りました。冷えが治ったのもよかったのかもしれません。

それとタバコを吸っていた頃より傷の治りが早いです。にきび跡も残りにくくなりました。 

納得している女1

タバコを吸い出して1年くらいでフェイスラインに白にきびができるようになりました。

生活の変化はタバコを吸い始めたことのみ。原因はタバコだろうなとは思っていたのですが禁煙できなくてズルズル吸っていました。その間全くニキビが治まる事はありませんでした。

1年前にタバコを辞めると肌は見違える様に変化しました。現在はニキビが全くできないツルツルの肌に戻りました。

私の肌荒れの原因はタバコだったと思わずにはいられません。 

このようにはっきりと効果を実感する人もいますが、あまり変わらないという人やむしろニキビで悩むようになったという人もいます。

一体どういうことなのでしょうか。

禁煙でニキビが増えた悪化した?

禁煙したのにニキビが悪化したなんておかしいですよね。

これには考えられる理由がふたつあります。

禁煙で好転反応のニキビ

禁煙をしたことで溜まっていた毒素が表面に出てきている好転反応です。

ニキビとして表れない人もいますし、これには個人差があります。

気にしてしまうとストレスが溜まり、そのストレスが原因でニキビがまたできてしまうので、こういうものだと思うようにしましょう。

禁煙のストレスでニキビ

禁煙をするとストレスがたまるって言いませんか?

タバコは吸うことで緊張を和らげたり、逆に覚せいさせたりする作用を持っています。これはニコチンの持つ作用です。

禁煙をしすると今までのように緊張をやわらげることや覚せいさせることができないので自然とストレスが溜まっていきます。

禁煙をしたことによるストレスによってニキビができてしまうことがあるのです。

喫煙者のニキビ対策はどうする?

ニキビを治して美肌を目指すためには禁煙するのが望ましいです。ですが、やめた方が良いとわかっていても中々やめれない場合はどうすればいいのでしょうか。

結局のところ、美容の基本を忠実に、ってことになります。

スキンケアをしっかりする
洗い過ぎず清潔にして保湿をしっかりする、というのは意外と難しいものです。スキンケアを毎日丁寧に行いましょう。
睡眠を充分とる
スキンケアや入浴に時間を割いて睡眠不足になるのは本末転倒です。美肌の基本は睡眠。できるだけ寝る時間を確保しましょう。
食生活に気を遣う
食材の種類を多く、栄養のバランスを整えた食事をしましょう。具材をたっぷり入れたスープや味噌汁は簡単でおすすめですよ。

タバコを吸っている人でも基本をしっかり抑えることで、ある程度カバーすることはできます。

もちろん喫煙者で肌がキレイな人って、かなり意識が高いんですけどね。

仕事が忙しい時などはサプリなどを利用するのもいいと思いますよ。

ですがサプリの栄養バランスも気にしてくださいね。ビタミンCだけ摂るなどは効率が悪いので。

ニキビとタバコの関係とは?のまとめ

ニキビとタバコは深い関係があることがわかりました。

禁煙が望ましいのは言うまでもないです。

肺が綺麗になるまでは10年以上かかるというのはタールが原因だそうで、ニコチンは3カ月ほどで体から排出されるそうです。

禁煙のためにはその3ヶ月が我慢できるかどうかがボーダーラインなのかもしれませんね。

スポンサードリンク