ニキビかどうかわからない

あなたがニキビだと思っているそのブツブツは、本当にニキビでしょうか?

ニキビに似た症状でも、いわゆるニキビとは違うものかもしれませんよ。

通常のニキビとは治療法が違う、とされるものをまとめましたので参考にしてくださいね。

スポンサードリンク

ニキビかどうかわからない

ニキビは顔、胸、背中などに多く、毛穴に一致してできるのが特徴です。

ニキビは思春期に発症することが多く、90%の成人がニキビを経験しているといわれます。ほとんどの人が経験しますし自然に治ることが多いので、ニキビは皮膚の病気としては軽く見られる風潮があります。

思春期ニキビがおさまって安心していても、大人になってから再びニキビができてしまうという人が増えています。ニキビは自然になるだろうと放置していると症状がひどくなることがありますが、いわゆる普通のニキビとは違うという診断をされることも多いんです。

普通のニキビと違う場合は市販のニキビ薬などで治らないことも多く、むしろ市販薬を自己判断で使ったことで悪化してしまう怖れもあります。

市販薬では治らない、普通のニキビかどうかわからない、と思ったら皮膚科で診断を受けてくださいね。

疾患によって治療方法が違うので自己判断は危険ですよ。

ニキビに似た症状

「ざ瘡」とは簡単にいうとニキビのような症状のことで、通常のニキビは「尋常性ざ瘡」という診断をされます。

この通常のニキビとは医学的にも分けて考えるべき疾患は以下のようなものがあります。

男性ホルモンによるニキビ

厳密にいうと女性が男性ホルモンの過剰生産によってニキビができることがあり、これを男性ホルモン性ざ瘡といいます。

実際には男性でも男性ホルモンの異常から他の疾患によってニキビができてしまうこともあり、これらを含めて広義の男性ホルモン性ざ瘡と呼びます。

感染症によるニキビ

真菌によるニキビ

カンジダ性ざ瘡

カンジダ・アルビカンスの寄生によってニキビができます。症状としては顔に小さい水ぶくれや赤ニキビがみられます。

マラセチア毛包炎

背中ニキビの原因として認知が高まってきたのがこのマラセチア毛包炎です。マラセチア毛包炎は高温多湿な夏期に活発化して、顔よりも体にできやすいです。

顕微鏡で検査するとマラセチアの胞子が確認できるので、やってもらえる皮膚科を探しましょう。

参考記事→マラセチア毛包炎とニキビの違いは?うつる?薬の市販は?

ニキビダニ

毛包虫性ざ瘡といいます。ニキビダニ(毛包虫)は誰もがもつ皮膚常在性のダニですが、過剰に増えてしまうと原因になります。

ステロイド剤を使っている人や、洗顔せっけんを使っていない人に発症しやすいニキビです。中年以降の女性に多く、顔、特に鼻を中心としてあらわれます。

自覚症状としては、かゆみやヒリヒリします。

薬剤性ニキビ

薬剤摂取による副作用や職業的に接触してしまう場合に症状が出るニキビのことです。

ステロイドニキビ

副腎皮質ホルモン、いわゆるステロイド剤によってできるものです。投与2~3週後から発生することが多く、ステロイドの投与を中止することで自然に治っていきます。

主な症状としては、赤ニキビやウミが溜まった膿疱と呼ばれる黄色ニキビが顔や胸などに急激に発症しますが、コメド(角栓)は少ないです。

ハロゲンざ瘡

ヨード、プロム、クロルなどによってできるニキビを指します。 ヨード、プロム、クロルなどを含むハロゲン化合物を薬剤として摂取、また工場などで職業的にさらされた場合に顔や胸などにできます。カネミ油症に代表されるボリクロルビフェニール(PCB)中毒が有名です。

症状としては一般にヨードやプロムによるニキビの場合は角栓は少なく赤ニキビや黄色ニキビが中心です。またクロルの場合は黒ニキビがほとんどです。

抗結核剤によるニキビ

抗結核剤で、特にイソニアジド(INH)によってニキビができることがあります。黒ニキビと赤ニキビが見られます。リファンピシンによっても稀に同じ症状が起こることがあります。

油性によるニキビ

職業性ニキビとして、油脂性外用剤、機械油およびグリスなどによってできます。機械のメンテナンス作業者に多いが、食用油との接触でも起きます。

油がしみこんだ作業着を長期間着ていることによって生じるほか、油の接触しやすい露出した部分にもよくできます。業務上で油を使用する職業すべてに起こりうるニキビです。

黒ニキビとしてあらわれますが、炎症を起こすと赤ニキビ、黄ニキビへと進展していきます。

タールによるニキビ

こちらも職業性ニキビ。コールタールを使用する仕事を長くしていると露出部にニキビができることがあります。主に黒ニキビができます。

スポンサードリンク

化粧品ニキビ

使っている化粧品の成分や油分が原因と考えられるニキビを化粧品ざ瘡といいます。

25歳以降ぐらいの女性に多くみられますが、30代、40代、ときには50代でもできます。

コメドや赤ニキビのほかに黄ニキビがあらわれることも。メイクを落とし忘れて寝てしまうとできやすいです。

ひっかきニキビ

一度ニキビをつぶしてしまうとその後も無意識にニキビを触ったり引っかいたりします。この無意識に行ってしまう刺激によってニキビが悪化し、ニキビ跡が残りやすくなります。

原因は無意識によるものなので心因性のニキビと言えるでしょう。治るまでの時間が長期にわたり色素沈着として皮膚に残るので、できるだけ触らないように注意が必要です。

遺伝的素因の関与のニキビ

アレルギーを含めた遺伝的な要素が関与していると考えられている重症なニキビです。

集簇性ざ瘡

集簇性ざ瘡はとにかく通常のニキビよりも症状がひどく、自然治癒は難しいので早めに皮膚科に行くべきです。

顔よりもむしろ、うなじや背中、胸に生じ、上腕、腰、おしりにもできることがあります。

ニキビがつながったように見える重度の治りにくい皮膚疾患で、ケロイドになることもあり、何度も繰り返すためボコボコしたニキビ痕が残ります。

劇症ざ瘡

劇症ざ瘡は最も重症な症状のひとつです。顔よりも胸によくできます。

ニキビの炎症がひどく、押すと強い痛みがあり、大きくなるスピードが早く、真皮や組織を痛めます。1週間以上の発熱や関節痛などもみられます。

好酸球性膿疱性毛包炎

慢性の難治性疾患です。診断には皮膚生検が必要です。

顔を中心とした上半身によくできるかゆみの強い症状ですが、まだ症例が多くないため原因はよくわかっていません。

壊死性ざ瘡

痘瘡性ざ瘡とも呼ばれます。大人の頭部や顔面にできます。

赤ニキビのようなできものから始まり、その後、中央部が壊死しやすく、くぼみが形成され、治った時には痘瘡のようなあとを残します。次々と散発を繰り返すので慢性化しやすいです。

酒さ性ざ瘡

「酒さ」という慢性炎症疾患の症状のひとつにニキビのようなものがあります。

軽い刺激でもヒリヒリし、ほてって赤くなり毛細血管の拡張が目立ちます。この症状に加えて赤ニキビや黄ニキビができるのが「酒さ性ざ瘡」です。コメドはほとんどできません。

閉経前後の女性は悪化しやすいと言われています。

夏期ざ瘡

春にはじまり、夏に最も症状がひどくなりますが、秋になると自然と消えるのが夏期ざ瘡です。左右対称性のニキビで、首、肩、二の腕などにドーム状に盛り上がって軽いかゆみを伴います。

原因はハッキリとはわかっていませんが、見た目を気にしない人にとっては特に問題ないとされています。

その他

その他に新生児ニキビや老人性ニキビなど年齢が関係するものや、原因が不明の疾患などもあります。

さいごに

ニキビの原因は、例えばアクネ菌とマラセチアのダブルパンチなど、複数が影響しあっている場合も多く、ひとつの薬では治らないこともままあります。

そのため診察を受けるときには、薬の使用歴なども含め、これまでの症状の経過をできるだけ詳しく医師に伝えた方が良いですよ。

スポンサードリンク