背中の乾燥ニキビ

最近、背中がかゆい、背中にニキビがよくできる、ニキビが治りにくいなどでお悩みなら乾燥ニキビの可能性があります。

正直乾燥とニキビの関係ってなんだかピンとこないと思っていませんか?

実は乾燥肌はすごくニキビが出来やすい状態なんです。特に背中の乾燥は見えないことやケアが疎かになっていることもあり盲点。

背中の乾燥とニキビできるワケ、そして対策について紹介していきます。

スポンサードリンク

背中の乾燥はニキビにつながる

ニキビは毛穴に皮脂がたまり、毛穴がつまることでアクネ菌が繁殖し発生します。

ニキビのできる過程については、思春期の経験でご存じになった方も多いのではないでしょうか?思春期にできるニキビは成長期の過剰な皮脂分泌で、毛穴がつまることが原因です。この経験を元にすると、乾燥肌とニキビってなんかかけ離れてるような気がしますよね?

乾燥肌で起こるニキビは、もちろん毛穴のつまりが原因なんですが、思春期にできるニキビのように過剰な皮脂分泌による毛穴のつまりではありません。

肌が乾燥すると水分が少ないことから毛穴がかたくなります。健康な柔らかい毛穴は汚れや余分な皮脂を自然に排出するのですが、毛穴がかたくなるとできなくなります。つまり正常な肌の状態に比べて毛穴がとても詰まりやすくなっています。そのため少しの皮脂でもニキビができてしまいます。

また肌が乾燥している状態を危惧して乾燥から肌を守ろうと皮脂を分泌する場合もあり、乾燥肌だからといって皮脂が少ないわけでもありません。これがいわゆるインナードライですね。

こういった理屈をふまえると、いかに乾燥肌がニキビができやすい状態なのかがわわかりますね。背中のニキビも同様です。

背中の皮脂が多くても乾燥している?

自分の背中が乾燥しているかって、なかなか気づかないですよね?実は乾燥しているのに背中のニキビに対して皮脂を落とすようなケアを行い続けてしまっている方も多くいます。

確かに体の中でも背中は皮脂の分泌が多い場所ですから、そう思ってしまっても仕方ないのかもしれません。でも脂が多くても乾燥している、つまり水分が足りていないことがあります。乾燥している肌を守ろうと皮脂が余計に出ていることに気づかないままかもしれません。

間違ったケアをし続けていると背中のニキビは改善しませんし、皮脂を落とすようなケアはさらに乾燥肌をお進行させてしまうことになります。

乾燥ニキビと大人ニキビの関係

若い頃よりも大人になってニキビに悩んでいるという方は、特に乾燥によるニキビが疑わしいです。実は大人になってニキビができるようになったという方と同様に乾燥肌になったという方は同じくらい多いのです。

その原因は大人の事情であるストレスや睡眠不足などの生活習慣の乱れです。生活習慣の乱れは肌の代謝を悪くして肌のターンオーバーの低下させますので、乾燥肌の原因になります。

何度も繰り返しになりますが乾燥肌は毛穴が詰まりやすく、ニキビができやすい肌の状態にあります。そして何よりもやっかいなのが乾燥肌歴が長いほどニキビが頑固になってしまうことです。それは乾燥肌の状態でいると角質を厚くかたくして、毛穴を塞ぐフタを強力なものにしてしまうからです。

思春期ニキビと同じケアをしてもニキビがよくならないという方は乾燥肌対策を検討してみて下さい。

スポンサードリンク

背中の乾燥肌の対策

背中も顔と同じく保湿ケアをしましょう。化粧水、美容液、乳液なども乾燥肌用のものを選ばないと効果は期待できませんのでケア用品はしっかり選定してくださいね。お肌のケアには肌の80%の保湿能力を持つ細胞間脂質(セラミドなど)そのもの又は生成を増加させる成分を配合した美容液をがおすすめです。

背中の届きにくい部分はスプレータイプのボディミストが便利で、特に逆さにしても使えるものなら猶の事よしです。

お肌のターンオーバーの働きを高めることも大切なので、普段の食事で「ビタミン」「ミネラル」を摂ることや睡眠にも気を使いたいですね。

そして生活の中で乾燥肌を進行させてしまう行為も見直さないといけません。特に入浴は乾燥肌を改善するのに役立つ可能性もあれば、逆に悪化させたりしてしまいます。

参考記事

背中ニキビ用スプレーランキング大人ニキビ編!市販薬についても
ニキビに効く食べ物と悪い食べ物!改善のための料理のおすすめは?

乾燥肌のお風呂の入り方

お風呂に入ることはは肌を清潔するだけでなく血行促進や緊張を緩和しれくれたりと、乾燥肌やニキビの対策にも効果が期待できる日常行為です。しかし一方で間違った入浴をしてしまうと乾燥肌をつくってしまい、健康・美容に逆効果になります。

例えばお風呂で肌に刺激が強いナイロンタオルなどで背中をゴシゴシしたり、熱いお湯に長く入ったりしていませんか?

背中のゴシゴシに注意

ニキビ対策には清潔が一番だというのは正解なのですが、ゴシゴシ洗いはおすすめ出来ません。刺激の強いタオルでのゴシゴシは洗いすぎで必要以上の皮脂まで落していまうので、皮脂膜を壊し乾燥肌の原因になります。

また石鹸やボディソープには界面活性剤が入っている場合が多く、これも皮脂をゴッソリ落とす役割をしていますので、これに加えてのゴシゴシは乾燥肌一直線です。皮脂はぬるま湯で洗い流すだけでも十分落ちますので、ゴシゴシ洗いには注意です。

肌にやさしいタオルやスポンジを使って、石鹸を使う場合はしっかりと泡立てましょう。もっといえば体を手で洗う派も増えています。

ニキビの原因になるので石鹸の流し残しにも気を付けて下さいね。

乾燥肌のお風呂の温度と時間

適度な入浴は血行を促進が期待できますし、角質層に水分を含みますので乾燥肌の対策には打ってつけです。しかし熱いお湯は肌の潤いを保つ成分セラミドを流出させてしまうのでお湯の温度には気をつけてください。

お風呂のお湯は38度~40度程度で、長湯はせず10分~15分までが適度です。ちなみにタレントで女医の西川史子さんは「脂が落ちないように5分以内」と言っていましたね。

入浴後は角質層に補給した水分が蒸発する前に保湿ケアをしましょう。背中のケアは入浴後10分以内に!

お風呂の水分補給

お風呂では汗をかきますので体内の水分が減ってしまいますよね。

お風呂に入る前とお風呂上がりにはそれぞれコップ1杯のお水やスポーツドリンクなどで水分補給をしましょう。冷たすぎると胃腸に負担がかかるので、できれば常温が良いですね。

お風呂の前後に水分を摂ることで乾燥肌の予防にもつながります。

参考記事

塩浴のやり方と背中ニキビへの効果!塩分はお風呂場に悪い?

背中の乾燥でのかゆみを抑える

背中が乾燥しているということは肌が敏感な状態ということです。そのため、ちょっとした刺激でもかゆみが発生します。

そんなとき思わず掻いてしまいたくなりますが、掻くのはよくありません。肌に傷ができてしまったり、掻いたところに色素が沈着して黒ずんでしまったりしてしまいます。傷ついたところにバイ菌が入れば炎症を起こしてニキビになってしまいます。

かゆい時はグッと堪えて保湿ケアをしましょう。乾燥が原因ならばこれに限ります。

ただし、あんまりかゆみがひどいようでしたら皮膚科を受診された方が良いです。

背中の乾燥とニキビのまとめ

今回は乾燥肌と背中ニキビについて紹介させていただきました。

顔はケアしていても背中はケアしていない、もしくは顔ほどはケアしていないという方が結構多いようですね。

でも暖かい季節では割と背中って露出したりもしますし、自分は見えなくても他人には見える部分なので、しっかりケアおきたいですね。

特に乾燥肌でいることはとってもストレスになることなので保湿ケアをしてニキビやかゆみを改善しましょう。

スポンサードリンク